いわき市のお部屋探し

賃貸物件を借りるためにはいろいろな費用が必要です。

初期費用としてよく知られているものが礼敷金、仲介手数料、翌月分の家賃です。

このうち、仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社に支払うもので、礼敷金と翌月分の家賃は家主さんに支払うお金です。

仲介手数料については宅地建物取引業法でその上限が家賃の1か月分と決められているので、たいていのケースでは仲介手数料は家賃の1か月分とされています。

また賃貸物件の家賃は原則前払いなので、契約が成立したら早速翌月分の家賃を支払う必要があります。

家賃については、契約して入居するのが月の途中だった場合はその月の分も計算して支払うことになります。

これを日割り無家賃と言います。

礼敷金はいずれも借り手が家主さんに支払いますが、もしも家賃を滞らせてしまった時や部屋に損害を与えてしまった時の金銭的担保となる敷金に対して、礼金の方は「お部屋を貸していただきありがとうございます」という気持ちをこめたお金です。

退去する時に、修繕費用などを精算の上で敷金が返金されるのに対して、お礼は戻ってこないお金です。

最近では、大家さんへのお礼はなしという物件も多く登場しています。

これには、賃貸物件業界が借り手市場になっているという背景もあります。